正しい供花の贈り方とは

正しい供花の贈り方とは

そもそも供花とは

供花とは、お葬式のときに、個人の霊を慰める為に祭壇両側に供えられている花のことをいいます。
供花は2つで1対と数え、1つの場合は1基と数えます。
供花は、一般の弔問客は贈る必要はありません。
とても親しい間柄の方や、親戚の方、会社関係などの方が普通は贈ります。
相場としては、1~2万円で1基で、1対は倍になります。
供花を贈るとしても宗教や地域によって違いますので、贈る際は遺族へ相談してからがいいでしょう。
仏教では菊や百合、カーネーションなど、日持ちのする花を使って落ち着いた感じにアレンジしたものが多いです。
また、性別や年齢、生前好きだった花などを入れて供花とすることもできます。
しかし、バラなどはトゲがある為、避けたほうがいいでしょう。
もし故人がバラが大好きだったなどという場合は、トゲをすべて取り除いておけば問題ありません。
神道では、サカキが使われます。
サカキを贈るというのが習わしですが、最近は喪主がサカキで他の人は、仏教のように供花を贈ることがあります。
やはり、花は菊や百合などで白い花が多いです。
キリスト教では、式場ではなく自宅に贈ります。
花は、百合やカーネーション、ガーベラなどで菊は使いません。
どの、宗教にしても、遺族から断られる場合もあるので、確認をとってから手配したほうがいいでしょう。
また、地域によっても違ってくるので、式場の葬儀社を教えてもらって連絡してみましょう。
そこで、確認したうえで注文するようにしましょう。

おすすめリンク

埼葛斎場はどんな所ですか?

春日部地域の人に大切にされている埼葛斎場。料金が安いだけではなく緑が多く落ち着いた環境の斎場です。

仏壇の供養の仕方

家に仏壇を置かない人も増えていますが、仏壇を供養に出す場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。

墓石の種類や大きさが示す違いとは?

墓石は大きさや石の種類で値段はピンキリです。値段が高いからといっていい石とは限りません。

供花の正しい贈り方

供花は、「きょうか」または「くげ」と読みます。 供花は、ご冥福の気持ちを込めた生花を供え、霊を慰めるという意味があります。 昔、亡くなられた釈尊へ、天から宝花を降らせ供養したという説からきているようですので、故人と親交のあった人が最後の贈り物として贈るものになります。

最近のお葬式はどんな感じ

お葬式というと、お花は菊が中心でした。 しかし、最近は洋花をメインにした供花も増えてきています。 お葬式といえば、菊というイメージで和風な従来どうりのアレンジ供花を贈ったとしても、洋花で揃えたいというこだわりのあるお葬式だったしたら式場で違和感がでてしまいます。 なので、葬儀屋さんへの事前確認は必要です。

家族葬に贈る供花について

最近、家族葬は増えてきています。 家族葬の場合、供花を贈っていいものだろうかわからないなど疑問がある方も多いようです。 家族葬とは、遺族や近親者のみで執り行われる少人数のお葬式です。 家族葬では、参列をお願いした方以外の弔問や、供花、お香典をお断りする場合も多いです。