正しい供花の贈り方とは

供花の正しい贈り方

供花の種類

宗教別に供花の種類を紹介していきます。
仏教はどんな規模の会場でも違和感のない籠盛りにした生花が一般的になっており使用される花は、菊やユリ、カーネーションで胡蝶蘭を入れるときもあります。
白ベースに薄いピンクなど落ち着いた仕上がりが多いです。

神道は、基本的には仏教と同じです。
昔は、榊が贈られていましたが、今は喪主以外の方は花を供えるのが一般的です。
花の種類は白をベースにした、菊やユリなどでシンプルにまとめられています。
しかし、仏教のような胡蝶蘭を飾ることは少ないようです。
カトリックは、花輪や、スタンドフラワーを供花としては供えません。
カトリックの場合、霊前に供える花という意味ではなく、遺族への慰めの意味で贈るようになります。
花の種類は洋花が中心ですので、菊などは使われませんし、白い花に限らず、色花も使われます。

供花の札名マナー

札名とは、供花に添えられているものです。
札名にもマナーがありますので説明していきましょう。
法人の場合ですが、会社の代表者から贈る際、故人と同じ部署の仲間で贈る場合、どちらにしても会社名は正式名称で記載します。
部署で贈る場合は部署名もきちんと入れたうえで「一同」をつけます。
連名で贈る場合は、肩書きの上の人から名前を右からかくようにします。

子供や、兄弟、親戚で供花を贈る場合は、兄弟一同とか、従兄弟一同など記載される場合が多いです。
子供の場合は、右から長男、次男、三男と年齢順に書くようにしましょう。

友人同士の場合は、連名のときも特に気にせずに記載することもありますが、友人一同として記載するのが多いでしょう。
また、人数が多い場合は友人一同としたうえで、別途、書面をつけることもあります。
個人で、供花を贈る場合は個人名のみ記載されていれば大丈夫です。


この記事をシェアする