正しい供花の贈り方とは

最近のお葬式はどんな感じ

葬儀屋さんへ依頼するか花屋さんへ注文する

まず、式場に電話して葬儀屋さんの連絡先を確認します。
そして、葬儀屋さんへ連絡し注文してください。
そうすれば、他の人が贈った供花と調和がとれた供花が贈られるため、自分の贈った供花だけういてしまうようなことは避けられます。
あまり目立たず、さりげなく供花を贈りたいという場合は、葬儀屋さんへその旨を伝えて注文するといいでしょう。
この方法は、見本の花を確認しないままが多いので、想像していた供花よりもお粗末だったなどという場合もあるようなので、注文のときには、花の種類をある程度確認しておいたほうがいいです。
近所の花屋さんでも注文はできます。
花屋さんは、全国ネットワークでつながっているので、近所で注文しても届けてもらえます。
一般的に、花キューピットは有名で、故人の好きだった花を指定して贈ることもできます。

供花を贈る際の注意点

季節によって花の内容が見本と違う場合がありますし、値段が高くなることがあるのでよく確認してから注文しましょう。

お葬式に贈る供花ですが、お通夜まで枕元に飾る花や、四十九日の法要のときに飾る花も供花です。
枕花に関しては、通夜前の遺族は慌ただしいと思いますので、遺族に直接連絡するよりも、葬儀屋さんへ連絡して依頼しましょう。
枕花は、式場に飾る花とは違います。
なので、故人の好みの花や、自分で贈りたい花を自由に依頼してアレンジしてもいいでしょう。
近頃は、香典を受け取らない場合も多いため、供花をしたいという方も多いようです。
その場合は、直接葬儀会場に電話して、その旨を伝えたうえで葬儀屋さんを教えてもらって、直接注文するのが、最も確かな贈り方です。


この記事をシェアする